日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

カードゲームを作ってみたい!#2

与曽井です。先日カードゲーム作ってみたい!とこちらで書き、さっそく頭をひねっている真っ最中です。

お詳しい皆さんからお声もいただいています。こういう時に相談できるのは本当に嬉しい。ありがとうございます。

 

コンセプト~どんなゲームなのか?

自分の頭の中を整理するため、自分で質問する形式をとって考えていきます。

Q今作りたいゲームはどんなゲームなの?

トークゲーム。つまり「お話ゲーム」です。

普段している世間話に、ちょっとルールを添えて、楽しみながらいつもは聞けない話や、発見をしてもらうのが目的です。

一昨年、早朝の喫茶店で集まって、似たようなことをやっていました。その時は、テーマだけ決めて参加者が銘々話してもらう方式でした。

思いつきでは無く、「お題が決まっているので、ちょっと話を考える」必要があるのがちょっと面白いんです。

 

Qちょっと違うところはどこ?(特徴)

1つめ 話してもらうゲーム

「自分が話す」のではなくて、「話してもらう」ことを主目的にします。これは、仕事でも体感しているのですが、一方的に、饒舌(じょうぜつ)にしゃべることが、良い話では無いと考えるからです。

講演会のような機会は別として、おしゃべりの場では、一人が独壇場よりも全員が話題に入って、盛り上がる。そんな雰囲気が出る仕組みを考えます。

2つめ テーマと時間が決められている

時間を測る。構想段階ですが、使うツールは「お題のカード」と、「ストップウォッチ」です。

普段話慣れたような話題でも、「それを30秒で!」と言われると、とたんにドキッとしませんか?その時間通りに話せるかどうかが、フィードバックされます。

あとはその時間制限で話せたとき(もしくは話せなかったとき)、話を振った人はどうなるのか、話し手にはどんなご褒美(罰)がくるのか。この振り方で、プレイスタイルが変わってしまいます。

Qどんなシーンで遊ばれたいの?

まずは    ゲーム会や友人との集まり

次に     会社の研修などのアイスブレイクに

かっこいい! バーで2、3人で楽しむ

 そう考えると、カードの裏側はバーに似合うシックなものが良いんでしょうかw遊んでいるシーンを想像するだけでワクワクします。いろんな場で広げられるように、できる限り、チップなど別のツールは使わない仕組みにしたいです。

次回は具体的なゲームルールを考えてみます。月内にはテストプレイ用のカードを創り始めたいですね。 

 

 参考ゲーム~

ワンスアポンアタイム 

メンバーと昔話を創るカードゲームです。

高校時代かな?これを初めてプレイした時には、面白い!よりも先に「こんなゲームもあるんだ」という物珍しさを感じた記憶があります。

一方的な勝利を目指すよりも、話をいかに盛り上げるか。それでいて、最後は自分が持っている「エンディングカード」に話をずらしていくか。今回ゲーム作るにあたって、発想の根底に残る名作です。

 

 

ゲーム余談~

先日このゲームを久々にクリアーしました。高校時代から何度もクリアーしている心の作品。ファンタジー・シミュレーションRPGです。

民族主義とは?民族融和とは?倫理無き上意下達は本当に従うべきなのか?

登場人物に1人として「絶対的な悪」がいない、名作シミュレーションRPGです。