日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

2017年の振り返り〜何でも3つで で考える

年明けましておはようございます。

 

年末は大慌てで年賀状を書いていた与曽井です。

毎年恒例の行事の「大急ぎ年賀状」37年生きているのだから、そろそろ気づきなさいよ・・・と自分に言いたい気持ちでいっぱいですが、これはこれ。家族で焦りを共有するところまでも含めての年末イベント、のつもりで書いてます(という言い訳です)

 

新年最初のエントリーは2017年の振り返りと今年の抱負です。

なんでも3つにまとめて1年を振り返り、今年の目標についてお話します。

 

1 去年挑戦したことを3つ教えて?

  3位 42.195キロ完走狙い!松本・福知山フルマラソンに挑戦した 

  2位 スピーチをもっとうまく!話し方教室に通い始めた

  1位 4月から大阪に単身赴任、0から営業マンに転身!

 

     人生の一番の転機です。1人暮らし、新しい職場、新しい営業という仕事

     気付かされること、学ぶことが多分にある1年となりました。

    

     特に大きな収穫は、こんなことを心から体感したことです。

     「読書量が仕事力に直結するわけではない」

     読む力、考える力、発信する力はそれぞれ別物です。

     現場で一番必要なのは、その場で商談を考える力。伝える力でした。

 

     読書は大切。ただし、それだけに限らない生活が理想です。

     日頃読書魔なので、生活習慣から見直さないといけません。

2 2017年ベスト本を3冊と言われたら?

  昨年読んだ本の中で、特に良かった!と言える本はこの3冊です。

 

  3位 私の生きた証はどこにあるのか

ラビ(ユダヤ教の司祭)であるハロルドSクシュナーさんが書かれた一冊。生きる目的とはなんだろう?という根源的な質問に、体験談を交えて持論を展開します。

 

ちょっと生半可な考えで思いつきそうなこちらの意見は、体験談で一蹴されてしまいます。

30代、道半ばに来たビジネスマンに刺さる一冊でした。オチは書きませんので、ぜひその目でご一読を。

「傷ついた医師だけが治すことができる」

「闇の中で心地よく生きる」 

 

  2位 質問力

ロックな発言にツイッターでいつもお世話になっている茂木健一郎さんの本です。

「質問」の作法に昨年からとても関心があり、関係している本を何冊か読んでいました。特にこの1冊は読みやすさと、説得力の点でとてもひかれました。

良い質問、悪い質問とは?そもそも、質問を発する時の心の動きは?

先日同じ職場のメンバーが他支店に異動したのですが、その時にもプレゼントしました。思わず誰かに贈ってしまいたくなる本です。

 

質問は「相手ありき」ではなく、自分の感情を見つめ、論理的に考えるための手段。ただの問いかけ以上の価値がある。

 

  1位 経営者の条件

今年初見で、そのまま2度読み、3度読みした一冊。

ドラッガーさんが、経営者(マネジメントすをする人全員)に向けてポイントを総動員したアドバイス本です。

なぜこの本が刺激的なのか?

それは、「成果を出す」経営者(自己決断する社会人)には何が求められるか、事細かに書いてあるから。そして、それだけに終わらず、「成果を出さない」マネージャーの行動を事細かに説明してくれるからです。心にグサグサ刺さる一冊なんです。

 

  「成果は社内では絶対に出ない、外への貢献を考えた時に初めて成果が出る」

   「実行されないプロジェクトはどんな内容を無意味」 

 

手元において何度も読みたい一冊です。

3 2017年ベストゲームを3本 〜

電源・非電源問わず

  3位 ニーア・オートマタ

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10000242:detail

  2位 ドラゴンクエスト11

 

  1位 アグリコラ

 ボードゲームではこの一択。楽しさに必ずしもテレビは要らない。とんでもなくハマるタイトルです。

 各プレイヤーは、中世ヨーロッパの農村を舞台に家族ぐるみで自分の農地を充実させるために苦心します。

 開墾し、家畜を育て、子供(手番)を増やし、誰よりも充実した農地を広げることが目的です。

 実は数年前初めて遊んだときには、全くルールがわからず、散々な結果でした。

「自分の農地を開拓する?なんのこっちゃ?」

「目に見るポイントが多すぎて、手が間に合わない。子供も養えない!?気づいたらペナルティだらけ!」

 こんな私でしたが、これも最初だけ。何度か遊んでいくうちにこのゲームの奥深さがわかってきたんです。

 将棋やチェスに似て、ルールがわかるまでが大変。そしてその後に良さがわかる。噛むほど味が出るスルメみたいですね。

 

 気にかけないとけないポイントが多すぎる!と思っていたところも、途中から絶妙なバランスなんだと気づきました。

「こんなプレイさえすれば良い」という画一的な攻略法が無いので、何度でも楽しめます。

 

 また、仕事という観点でも、とても良い体験になります。

収支の計算をいつも頭におくこと。作業の機会を逃さないこと。常に手番の制限を意識して、自分の農地拡大のための最優先の一手を思索すること。どれもビジネスに必要な経験そのものです。

 来年も個人的なベストゲームに鎮座し続けるのではない、今から心配です。

 

4 2018年の抱負を3つあげて!

 さて、次は今年の目標を立てです。

「早寝早起き」、いいですね。「ダイエットする」、毎年の目標にもなりますね。ただ、今回はちょっともう少し具体的に、ゲーミフィケーションの知識をつかって決めてみます。

 

 どうしてそこまで決めるのか?といいますと、それには訳があります。

20代後半から、仕事と同じように、プライベートでも目標を決めています。

 先程の例のようなものもありますし、「年内にディズニーランドへ行く!」といった旅行先を決めた時もあります。

 そして実際に1年過ごしてみると、どうもしっくりこない(達成できない)ことが多いのです。当たり前に目指せる目標と、設定したことすら忘れてしまうゴールがありました。

 どうやら今までのやり方では自分というキャラクターが十分に「働かない」ようです。

 そこで、普段考えている、ゲーミフィケーションの視点で、その原因を推測してみました。大きな原因はこの3つです。

 

f:id:karasumiyama:20180101173943j:plain

・目標が抽象的で、具体的な行為を自分の中でイメージしないまま決めてしまった。

→日常的に迫られる具体的な動作(家事・買い物・メールチェック)に、曖昧な目標が後回しになってしまう。必要な手順は、

見える化すること。例えば、数値化することや一手順ごとのステップを決めておくことです>

 

・自分の人生ミッションと、その年の目標がつながっていない。

→「それをやるとどうなるの?」に答えられないので、頑張る理由付けが無い。必要な手順は、

<大きな目標(テーマ)と、小さな目標(クエスト)を作ることです>

 

・ご褒美を用意していない

 →「この目標をクリアしたら、どんな報酬・フィードバックが得られるの?」に答えていない。やってもやらなくても同じ。必要な手順は、

この目標をクリアしたら、こんなものを買う、あそこへ行く!というものを事前に決めておくことです>

 

 上の3つを意識をした目標を今年は作ってみました。ミッションに直接関わる、大きな目標を3つ。そして、そのパフォーマンスを上げるために設定する細かい目標数値があります。今回は大目標をご紹介です。

 

①利益創出

 

自分の仕事観、人との関わり方を実践して、自分が所属する支店の目標の利益、●●円稼ぐ

 

※会社内の話なので詳細はひみつです

 

② アドバイザーとして仕事の手助けをしたい

 

能力・経験を活かして、身近な方の仕事の手助けをする。

具体的には、個人経営されている知人の方の仕事が改善されるためのアドバイスを行います。年内3件行います。

知人も読んでいるかもしれませんので、念のため書き加えますと、退職するとか、そういった決断ではありません。

今の仕事に100%依存しないよう、自分が1から提案し、質問し、協力できるようにまず一歩を始めたいというアクションです。

 

③ 自己トレーニングのためにアナログ・ゲームを1品作る(電源を使わないゲーム)

 

実はこの目標、去年も立てていたんです。

そのときには、ゲームを作るというステップも分からず、ただ漠然と「作っていたい」という思いだけで言葉を残しただけで終わってしまいました。

まさに、具体的な手順を見える化していなかった典型です。

 

今もそれが見える化できているかというと、まだ不十分でしょう。

なにしろ、長年ゲームで遊んできた側にはいましたが、ゲームを作るという体験は数えるほどしかありません。

 

どういったステップで形にしていくのか。経験談を先輩から教わる、聞き出すという手順がまず頭に浮かびます。そして内容を、自分のスケジューリングに合うように調整することになるでしょう。

ちなみに今考えているのは、「日常会話、対話」力が身についていくツールとしてのトーク・カードゲームです。

すでに市販されている類似のものでは、「カタルタ」「トークダイス」といった商品があります。

あれを考えた方は、本当にすごい!プライベートだけではなく、仕事中でも考えをまとめるために使うこともできるんですよ。効果効用の幅広さに驚かされます。

 

実際遊んだその楽しさから学びつつ、違った側面から新しいツールを考える。自分もプレヤーも話す力が自然に身についていく、そんなものが作りたいですね。

 

・・・

 

今回お伝えした目標、どこまでクリアーできるでしょうか。今年の12月には吉報をお伝えできるように、今日から人生ゲーム2018年開始です!

 

 皆さんは今年の抱負はお決まりですか?まだまだこれから〜という方は、上記のポイントお役立てください。

見える化すること 

・大目標と小目標を作ること 

・ご褒美を事前に用意すること 

 

 以上、新年のエントリーでした。