日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

学び遊び

学びは学校の中だけじゃない! 働きながら学ぶ、読書から気づくことをまとめます

【読書】脳HACKから毎日の習慣をベースアップ!

脳HACK大全 [ 茂木 健一郎 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 人文・地歴・哲学・社会 > 宗教・倫理 > 倫理学ショップ: 楽天ブックス価格: 1,650円 先週購入し、一気に読んでしまった1冊。脳科学者、茂木健一郎さんが学び方、伝え方、考え方を見開き1トピッ…

【研究】生活を豊かにする一手〜ミニマリストって何だろう

そういわれると、ミニマリストという言葉を 自分で考えて発信したことがありません。 Twitterで同好の方をフォローし、日々のライフスタイルを観察していると、どうやら違うらしい。人によって定義が微妙に異なるようなのです。 今朝はどんなスタイルのこと…

【勉強】範囲を決めると集中力が高まる

ここ二週間ほど、空いた時間で勉強していたことがあります。 第二種衛生管理者。人がたくさんいる職場の衛生環境を管理する専門家です。 職場の温度や湿度の管理といった肌で感じられるものだけではありません。 一人当たりの職場スペースや休憩室の確保。は…

【ヒント】習慣を続けるためにやってみたこと〜効率的な学習・運動のために

習慣。自分の毎日の半分以上を締める繰り返しの行動です。 毎日Twitterを眺める人。朝、夜テレビを観る人。必ずゲームをしている人もいるでしょう。 私の場合も、習慣があります。 ただ、昔からの習慣ではなくて、今習慣にしたいこと。当たり前に毎日やりた…

【読書】わかりやすい文章を書くための一冊

はてなブログにお世話になって、もう少しで1年になります。 登録自体は数年前ですが、ここまで定期的に書く習慣がついたのはここ1年だけ。よくここまで続けられたものだと我ながら感心しています。 文章へ感心が高まり、書き方や表現方法について学ぶように…

【いつもの】連休初日に大事なこと

今日から連休です。 1日早く有休をとって自宅に帰ってきました。天気は生憎の曇り空ですが、これから始まる連休に心踊らせる金曜日です。 さて、そんな連休スタートに気をつけることが1つあります。 いつも通りの習慣を忘れないことです 私であれば、 5:…

【子育て】親が楽しむ背中を見て育つ子どもたち

子供が生まれて、育てる。 育てられ、育つ、育てる経験は、生きる上でどこかしら、何かしらで関わってきています。 自分の子供ということもあるでしょう。職場の後輩を育てるという意味でも、内容は違えど育成に違いはありません。 その後輩社員と話しながら…

【ちょっと難しいがいい】生活にひと味加えて楽しむ作法

ゼビウスというテレビゲームをご存知でしょうか 1984年に発売されたファミリーコンピューター。その一作として発売されたシューティングゲームです。 ファミコン FC ゼビウス SFC ソフトのみ ソフト単品 Nintendo 任天堂 ニンテンドー 【中古】 490000000027…

【外出】習慣が崩れる失敗談

木曜日、金曜日と出張だったよそイです。 新幹線移動、夜の飲み会。そしてホテル宿泊。普段と違う場所に来ると容易にくずれてしまうことがあります。それが「習慣」です。 今日は、今回の失敗例をご紹介します。 1 飲み過ぎで、寝る前のシャワーをサボる 何…

【ジョギング】一度手放した習慣をもう一度始める理由は

4月から再開したもの。それはジョギングです。 昨年、数年来ハマっていたジョギングから離れていたんです。その時の理由は、毎日はやらないから。 たまにしか走らないのに、関連グッズを買う、そしてそれが場所を取っていました。ふと玄関やクローゼット中…

【君たちはどう働くか】大事なものが違うと、判断が変わる。それを教えてくれる1冊

週末は仕事から一旦離れて、ゆっくりと、としたいところですが、今読んでいる本が仕事関係。話題は、仕事の話です。 塚越寛さん、という方ご存知でしょうか。 長野県にあるメーカー、「伊那食品」の現会長です。今週はこの方の著書を読んでいます。「働き方…

【読み手に沿う】池上彰さんの文章から学ぶ

朝起きてからの読書で専ら読んでいるのは、池上彰さんの著書です。年始に決めた目標の中に、「池上彰さんの本を読む」というものがありました。 なぜ今池上彰さんなのか?今日はその話をしたいと思います。 自分が日頃触れている、けれど知らないテーマに切…

【習い事】話をすることは嘘をつくこと

話っていうのは、基本的に嘘をつくことなんですよ。 先週先生から教わったことはこのこと。 自分が平日の朝起きて、仕事に行って、帰ってくる。この中だけでも、自分が触れている情報はたくさんあるんですよね。天気・気温・すれ違う人。仕事で何があったか…

【チャンネル】学ぶターゲットを絞るならYoutubeですね

今朝仕事準備をしながらみているyoutubeチャンネル。 ダイレクトに情報を仕入れるなら、ネット。特にYoutubeの配信をですと、時間限定で情報をまとめて伝えてくれるので便利。特にこんな準備中です。 最近私が影響を受けているミニマリストしぶさんが、Youtu…

【習う2】大人でも、個人レッスンを受けるメリット

珍しく夜のエントリーです。 仕事終わりに話し方の個人レッスンを受けてきました。2回目です。 www.nogame-nolife.online 2月中旬に初めて参加し。今回からは本格的なレッスンです。場所は前と同じカラオケボックス。マンツーマンで指導に入ってもらいまし…

【身近から気づく】日々の生活から大事なことを発見する物語

先週末は病気療養の娘と自宅で過ごしておりました。 日がな一日ゲームと読書。遠出しないこういう週末も良いものです。 そんな週末に読んでいたのはこの本です。書店で長く平積みされているので目にした方がほとんどではないでしょうか。 君たちはどう生きる…

【徒然草】質素に、自然に生きる

おはようございます。室内でも肌寒い朝。 ですが、気力充実です。何しろ今日はお休み。丸一日フリーです。朝からゆっくりとブログをかけるのは嬉しいものですね。 今日のテーマは、吉田兼好さんの「徒然草」です。 日曜日の読書会のテーマ本としてじっくり精…

【徒然草】本に出会うのはタイミングが必要〜ミニマリストになって出会う本

おはようございます。よそいです。 関東は長野に比べて寒くないだろうーと、たかをくくっていたら、今朝は氷点下4度だそうで。凍えるには十分な気温になりました。風邪に、インフルエンザに、皆さんご自愛ください。 万が一風邪を引いてしまっても、そんな…

【知識】本を手放す時も必要

本を読むな、という。 そんな本があります。 思考の整理学を書かれた、外山教授の本です。 テーマは考える。 実践的なノウハウ本ではありません。過去の詰め込み日本教育、大卒至上主義が、いかに考える機会を減らしてきたか。 外山教授の嘆きの一冊です。 …

【心のもちどころ】意識の量を増やす3

今週読んでいるのは、齋藤孝さんの、「意識の量をふやせ!」です。 平日の間でしたので、本を読みながら、仕事の往復をしていました。本の内容を反復しながら、職場にいくので、現場感覚と内容が重なるような感覚を覚えました。 どのように自分が振る舞って…

【心のもちどころ】意識の量を増やす2

www.nogame-nolife.online 昨日の記事の続きです。齋藤さんの著書、「意識の量」を増やせ!の再読中。 意識の量が多い=気が利く、配慮ができる人。 気づきがある自分の成長はもちろんのこと、配慮されている身の回りの人たちも、働きやすい。一緒にすごしや…

【心の持ちどころ】意識の量を増やす1

今日は読書の話題。今朝読み終わったのはこの本です。 齋藤孝さん、文学教授の方が8年前に書かれた本です。 テーマは「意識」。といっても、アカデミックな話題ではありません。 日々生活する上で、意識することを増やしてく(質より量)という話を、齋藤さ…

【目標】24時間を◯◯の優先順位に合わせてふりわける

年末年始といえば、2019年の抱負。 年を新たに、自分への決断。タイミングとしてはピッタリですね。 この三が日で娘も書き初めを書く準備をしています。その隣で私も今年の言葉を考えてみます。 細かい目標は多々あれど、一番の目標はこれ。 「自分のミ…

【贈り物】さらに手に入れるより、譲ってみよう プレゼントの思考

皆さんは、ここ最近誰かにプレゼントをしましたか? クリスマスプレゼントをしたという方、多いと思います。旅行のお土産、お歳暮、誕生日プレゼントもあるでしょう。 この一年、プレゼントをする機会が増えました。 いままでも、習慣的なイベントは一般的な…

【座禅】メリット、デメリットで語れない習慣

初めて座禅をしたのは中学校の時。 通っていた道場の紹介で、近くのお寺の企画に参加したのが座禅との出会いでした。 それから20年ほど、まったく座禅とは縁の無い生活を送っていたのですが、生活への考え方が変わると、自分がしたいことも変わるもの。 数…

【関心空間】近所のすごいおじいちゃんの話

昨日運動会に参加してきました。 私が住んでいる地域では、地区対抗の運動会が開催されています。 10地区ほどの住民が、小学校の校庭を借りて半日がかりで、順位を競い合う。年に1度のお祭りです。 大玉送りのような大掛かりな種目はありません。 年配の方で…

【幸せを考える】アラブの王様になれる?ー生活の質が良いとはどういうこと?

ポイント 生活の質(QOL)とは、自分自身の生活への満足度。 モノや立場で決まることも多いが、一番大切なのは、生活と向き合う考え方。 充実した生活を送れる考え方をみにつけたい。 一生懸命だと知恵が出る、中途半端だと愚痴が出る、いい加減だと言い訳が…

【やりすぎミニマリスト】恩田木工という男(後編)

昨日から書いている超ミニマリストなお侍。恩田木工についてまだまだ書きます。 松代藩(長野県)の財政立て直しに乗り出した木工。 農民や武士には、これまで通りの生活を許しながらも、自分自身にはとても厳しい生活制限を強いていました。 一汁0菜。ご飯…

【やり過ぎミニマリスト】恩田木工という男(前編)

以前、江戸時代のミニマリストとして、上杉鷹山(うえすぎようざん)という方をご紹介しました。財政が傾いた米沢藩(山形県)を数十年かけて立て直したお殿様です。 www.nogame-nolife.online この記事をリリースしたところ、友人から連絡が入りました。 「…

【試験前対策?】ミニマリストと自宅学習のマリアージュ

モノを減らす習慣と、アウトプットを増やす習慣はつながります。 そう考える理由になったきっかけの一つが、この本。アウトプットと学習効果について語った樺沢さんの一冊です。 学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books) 作者: 樺沢紫苑 出版…