日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【ボードゲーム】アグリコラで勝ちたい人のページ

このページはボードゲームアグリコラで勝つための個人研究ページです。

 

アグリコラそのものの説明は過去に記事にしております。こちらをご覧ください。

www.nogame-nolife.online

 

 以前から遊んでいるゲームですが、勝率は相手によって、0%〜80%と大きくぶれています。常に一定のクオリティを出すために、アグリコラを仕組みから理解する、もっと実力をつけるために、このページを作りました。

このページを随時更新しながら、自分のプレイを振り返り、もっと高得点を狙います。同じプレイヤー同士、参考になれば幸いです。

 

 

 

遊ぶときの心構え

どの点数に偏り過ぎても高い得点は狙えない。

 達成が0の条件は−1のペナルティがある一方、偏った条件も最高は4点。余程職業やカードの効果が無ければ、バランス良くリソースを集める。

食料をどのように確保するか

家族を養うための食糧の確保方法を事前に計画する。大きく分けて4つのルートがある。この内の1つに特化する。もしくは複合的に環境を作ることが大切。

1 家畜を増やす&調理場

2 野菜・小麦を増やす&パンを焼く(かまどが望ましい)

3 職業カードで食料を恒常的に得る

4 小さい進歩や大きい進歩で食料を恒常的に得る

 基本的に家族を増やすことを最優先にする

1つの手段で2ターン稼げるようなカードを多数持っていない限りは、手番が多いほど有利。家族を増やすことを最優先にする。

ドラフトのポイント

1 単体で強いカードを抑える(各種サイトを参照)

2 集会場を選んだ時に、空手とならないように安い進歩カードを抑える

3 次のようなカードをバランスよくとる

  ①1手番で2手番分の効果が出るもの(季節労働者、鋤など)

  ②コストが安くなるもの(石切りなど)

  ③数ラウンドかけて多くの資材を得るもの(にしん鍋など)

  ④特定のアクション効果が高まるもの(スコップ、石ばさみなど)

  ⑤コンボによって効果が高まるもの(石の家へ改築しやすい&石の家に住み次第)

  ⑥相手に渡したくないもの(①~⑤)

勝利事例

敗北事例

【初版・2人プレイ】先んじて増築、家族を増やしていたのに、11〜14ラウンドで逆転された

この時は、私が葦を早めに抑え続け、相手に増築させないまま11ラウンドまで優位に立っていました。ですが、11ラウンドに職業収入役(12ラウンド以降の選択肢を選べる)を選ばれたことで、ターン回数が逆転。逆転されました。

【敗 因】葦を抑え続ける=他の資材を取れないため自分の点数が伸びない、その分相手は葦以外の資材を高い効率で獲得できた。

【気づき】相手の家族を増やさないという選択肢は一見優位に立てるが、それ以外の資材や、大きな進歩の優位を取られる。また、「急いで子供がほしい」『収入役』といったアクションがあるため、完全に防ぐのは難しい。

【初版・2人プレイ】家族の増加は最先端で行えたが、マイナス点多数

この時は、3人目、4人目の家族を先んじて増やせましたが、その間に畑や家畜を抑えられ、数点の点数差がつきました。

【敗 因】効率のいい食料確保が行えないと、増やした家族が日雇い労働に通う羽目になる(無駄に増やしている間に、効果的に資材が集められるアクションを取られる)

【気づき】家族の増員と並行して、日雇いに頼らない状況を維持する。

学ぶためのリンク

takahirosuzuki.com